FC2ブログ
今日は息子の通う療育センターの
日曜参観日でした。

普段参加できない父親にも日頃の園での
生活を見てもらうのが主旨で、
普通参観日といえば、1授業だけを傍観する
といった感じだけど、ここでは朝から夕方までの
普段の生活を『そのまま』見せてくれます。

また遊戯では拍手や掛け声などのオーディエンスを
みんなでして、みんなで場をつくる参観日でした。

普段より緊張する子もいれば、張り切る子、
嬉しくてお父さんばかりチラチラ見る子。

障害を持つ子は気持ちを外に出すことが苦手な
子が多いけど、そういった感情を表に出すのは
たとえ他人の子でもかわいいものです。

普通幼稚園にいる時は、息子は黙って椅子に
座ることがまずできませんでした。
グズったり廊下や外に飛び出したり、
放棄して投げ出したり。

転園してあれから2ヶ月半。
専門の療育で、みっちり鍛えこまれたのでしょう。
今日は一日きちんと座っていました。
そして、授業が楽しいと思える顔をしていました。

たまにこちらに駆け寄ってきたり、声かけてきたり
私の姿が見えなくなってグズることもありましたが、
明らかな成長を見ることができました。

昼からは園長自らの父親への療育の講義でした。

以前、カミさんがその『講義』を受けたときの感想は
『健常児、障害児に関係ない子育ての基本』
と言っていました。
確かにそんな感じです。
健常児も障害児も教育の基本は変わらないのです。

でもさらに私はその上を感じました。
教えられたことは子供だけに関することではなかったです。

大人にだって充分言えること。
普段意識せず行動しているけど、その判断や行動を
細かく細かく細分化したものが、今日の講義の内容でした。

判断力とは?子供との関係を築いていくこととは?

それは社会に出た大人だって、同じ。

判断とは、自分の頭の中で行われる会議の結果。
判断力や視野の広さとは、その会議に出席する人数と
発言される意見の数。
人間関係なんて一生つきまとうもの。

息子に対してだけでなく、これからの私自身にも
為になる講義でした。

どんなに頑張っても、あと1年しかこの療育センターには
関わることができないけど、もっともっと、療育に対して、
もっともっと療育センターとの接点を深めたいと思いました。


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ
2008.01.27 / Top↑
今日(25日、多分日記書いている間に日付が変わる...)
は、定時後処理なので強制的にフレックスをさせられる日だ。

個人的にはしたくないのだが、会社が残業代をつけさせない
ために、強制的に指示してくる。
フレックスすると朝がゆっくりできそうだが、
実際は結局子供を幼稚園に送るので、起きる時間は変わらない。
しかも、いづれ出勤すると思うと、大きな行動をしようと思わない。

けど、このフレックスを利用して、今日は計画していた。
息子の療育センターで、こっそり息子の療育を見てやろうと。

療育センターの先生も言われるように、療育とはいかに
子供に目を向けるかであり、こういった療育センターに
顔を出す親をとっても優遇し歓迎してくれている。
飛び込みで行くのもOKだ。

『いかに子供に目を向けるか』なんて、別に障害児に
限ったことではないのだけどね。
頑張っている子供の姿を見るのは親として大事なことだ。

教室の入り口の扉に小窓があり、マジックミラーらしくなっている。
そこから子供に気づかれないように遊戯を見るのだ。

何で気づかれないようにって、気づかれたら甘えてぐずって
療育にならなくなるし、出勤の時間までに帰れなくなるから。

今まで直接教室に入って一緒に遊戯をしに行くことはあっても
ここで、こっそり自然に遊ぶ息子をみるのは初めてだった。

とても楽しそうだ。半年前、普通幼稚園に通っていたときは
周りの子との差をネガティブに受け止め、廊下に逃走したり
ぐずったり、遊戯に興味すら示さなかった。

しっかり遊戯に気持ちが集中している。

でも実言うと、一瞬バレてしまった。すぐ気づかれちゃうんだね。
まさかここにパパがいるはずがないよね、と言わんがばかりに
すぐ遊戯の集中に戻っていったけど。

会社から帰ったのは寝る寸前で、起きているうちに帰れた。。
普通の5歳なら、『パパ来てたでしょ~』とか言われるんだろうし、
もしかしたら、って言ってくれるかな~って期待したけど、
やっぱり言ってくれなかった。 (..)

でもきっと、分かってるんだよね。言わないだけで。


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ
2008.06.26 / Top↑
書き込みが遅くなってしまったが、先週末の日曜日(29日)は、
息子の幼稚園の日曜参観日だった。

普通参観日というと、せいぜい1コマくらい子供の授業なり
遊戯を見る程度だが、療育センターは丸一日。

朝、園バスで一緒に乗り込んで、一日息子が生活している
通りに付き添って生活をし、昼はこの月末(7/26,27)にある
お泊り保育の説明会、午後からは先生と懇談会と
とても濃い一日でした。終わりは、園バスで一緒に帰る。

先日の日記でも書いたが療育とは障害を持った子供と
いかに近い距離でいかに接するか。
日頃仕事で園での生活を見れない父親のために
施設が設けてくれるイベントです。

先日はこっそり見に行ったけど、今回は堂々と。
でも以前のように親が見ているからって甘えたり、こっちに
来たりすることなく、遊戯に集中。たまに上手にできたら
ハイタッチをしにきたりと、とてものびのびしていた。

普通幼稚園から療育センターに転園して半年。
劇的な変化に驚くばかりです。

週末の一日を丸々つぶし、大変ではあったけど、
一生懸命な息子をまた一つ、見直した一日でした。

また今更ではあるけど当日は私の誕生日でした。
息子の成長ぶりが、私にとって最高のプレゼントに
なりました。


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ
2008.07.01 / Top↑