FC2ブログ


シルバーウイングの購入契約にありついたは良いが、
バイクの駐輪場が確保できない。

いろいろ考えた挙句、シルバーウイングの購入契約を解除する為、
バイク屋に向かった。


バイク屋に到着すると、ちょうど店の入り口に店長が
立っていた。

4月15日を納車日として、次に会うのは納車日であるはずが、
突然私が現れたので、どうしたのかという様子。


ヘルメットを脱ぐやいなや、店長に告げる。

『店長に謝らなければなりません。
 シルバーウイングの購入契約を解除しなければならなくなりました。』


特に焦ることもなく、店長は店の奥に招いてくれた。


席に座り店長にそれまでのいきさつを説明した。


店長は、特に困る様子もなく抵抗する様子もなく、全てを聞き入れてくれた。


理由がどうであれ、確実な駐輪場所を確保できないままにシルバーウイングの
契約を進めてしまったことで、いろんな人に迷惑をかけてしまった。

その申し訳なさで一杯だった。


店長は迷惑がるどころか、感謝してくれた。

『契約した当日の話なので、まだ何も動いていません。
 これが明日であれば、ウチの人間(店員)の人件費が発生していたので、
 さすがに違約金をいただかないわけにはいかないところですが、
 今日の今日に来てくれたので、こちらも助かりました。』


違約金は免除してくれた。何も手続きは動いていないので、
当たり前といえばそうなのだが、それでも契約までにいろいろ話をした時間や
契約手続きの時間が台無しになれば店の損失には違いない。

『ただし、ウチの経費にかかった3,000円だけは申し訳ないのですが下さい。
 手付金の10,000円から3,000円を引いた7,000円はお返します。』

違約金が発生してもおかしくないところを3,000円で済ませてくれたのは、
私には有難いとしか思えなかった。


『またいい駐輪場が見つかると良いですね。
 この話は一応契約解除ではありますが、次に来られた時には、
 同じ条件で契約できるようにしておきます。
 当然、その時は今回いただいた3,000円は差し引きます。』


やっとシルバーウイングを手に入れるチャンスを逃したことに
ただただ諦めモードの私。
どうやったら手に入らないシルバーウイングを手に入れれるようになるか、
期待を込める第三者であるカミさんやバイク屋の店長。


一番シルバーウイングが欲しいはずの私が何やってるんだろう。


『ずっと欲しかったんですよね、欲しかったなぁ...』


バイク屋の店長は、それ以上は何も言われなかった。


『もしいい話になったら、その時はよろしくお願いします。』


自分の中でこれぽっちも期待していない期待を見せながら
バイク屋を後にした。


家に帰ると、家族は夕食を食べていた。

隣の個室にこもる。


泣いた。声を上げて泣いた。

子供には聞かれたくないから、布団に顔を押し付けて
思い切り泣いた。


カミさんにバイクを買い換えるよう提案され、
シルバーウイングを買う話が始まったことからの情景が
次々頭に浮かんでくる。


やっとシルバーウイングを手に入れるチャンスを逃した。

それは金銭的なものでもなければ、家族の反対でもなく、
ただただバイクを停めるところがないだけの理由で。

しかもそれは、どこにも書かれていないマンションの規約であり、
ただバイクに興味がないから、世の中に必要のないものであると
片付けられ、それが原因とは限らない駐輪場の飽和問題の
原因に当てつけられ、悪者にされ...。


悔しくてしょうがなかった。


でも今このマンションの住人である以上、今はただ
泣くしかなかった。


その13につづく。


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2013.04.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kajikenpapafight.blog52.fc2.com/tb.php/135-cbc94638