FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


ブーツカバーのロングタイプを通販で買いました。


ショートタイプのインプレッションはこちら




届きました~。

パッケージは、こんな感じです。

ブーツカバーロング01



中は、こんな感じで、コンパクトに収納袋に入っています。
さすがにロングタイプのブーツカバーなので、
生地が大きい分、すこし場所をとりますね。
でも少しぶ厚めの本くらいでしょうか。

ブーツカバーロング02




ただの巾着袋みたいなもので、袋に収納して、
ヒモで絞るタイプです。

ブーツカバーロング03



収納袋から取り出したところです。

初めて袋から出したところで、まだ1回も広げていません。

とてもきちんと畳まれているので、とてもコンパクトに
見えますが、たぶん二度とこんなにキレイには
折りたためないんでしょうね。

ブーツカバーロング04



広げてみたところです。

さすがに大きいですね。

基本構造はショートタイプと同じで足首が長いです。
ブーツカバーロング06



ふくらはぎに当たる部分にファースナーがあり、
マジックテープでカバーするようになっているので、
ファースナーから雨がしみ込んでくる心配はありません。

ブーツカバーロング05



ファースナーを開いたところです。

しっかりかかとまで開くので、履いたり脱いだりしやすいです。

ブーツカバーロング07



実際にブーツカバーを履いてみました。

ほとんど長靴を履いたような状態で安心感があります。

ブーツカバーロング08



試しに履いた状態でファスナーを降ろしてみました。

これくらいかかとまでファスナーが開くので、
余裕で靴が脱げますね。

ブーツカバーロング09



カッパを着てみました。

ここまではショートタイプを履いた時と同じですね。

ブーツカバーロング10



ここからがショートタイプとロングタイプの違うところ。

ひざを曲げたり、バイクに乗っているとだんだんカッパのすそが
ずり上がってきたりしますが、足首のカバーが長いので
全然余裕です。

ブーツカバーロング11



ショートタイプもロングタイプも足首より下は同じ構造です。

両足とも足の甲が二重構造になっていて、締め付けの調整と
バイクのシフトレバーからの保護を兼ねています。

ブーツカバーロング12



足の甲のカバーをはがすと、こんな感じです。

ブーツカバーロング13



締め付け具合を自分で加減して、ペタッと貼り付けるだけなので、
とても簡単です。

ブーツカバーロング14



足の裏の構造もショートタイプと同じです。
靴の前半分のみ袋状になっていて、靴の足先を突っ込むようになっています。
その前半分の裏はゴム状になっていて、グリップはよく効きます。

バイクで下り坂の信号待ちとかでつま先のグリップって
結構要求されると思いますが、しっかり効くので安心です。

土踏まずのところにベルトが通っていて、真ん中付近の締め付けの調整が
できるようになっています。
ベルト自体はマジックテープで止めてあるだけなので、
簡単に調整ができます。

ブーツカバーロング15




外側に反射板がついているので、安全にも気を使われています。


ブーツカバーロング16



靴の裏までカバーされていないのは、水溜りに入ったときには
ブーツカバーの役割はまったく果たさないことになりますが、
長靴とは用途が違うので、上や横から濡れるのを防ぐことに
特化しています。

私としては、この靴裏がほどよく露出しているタイプは
お気に入りです。

ブーツカバーを履いていても、靴裏の感覚が靴だけを履いている時と
あまり変わらないので、とても安心できます。

結構やみつきです。





ショートタイプのインプレッションはこちら


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
2013.07.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kajikenpapafight.blog52.fc2.com/tb.php/122-932437b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。