FC2ブログ


今まで通勤で毎朝、毎晩乗るたびに怖い思いをしてきた
ヴェクスター150。

帰宅の度にカミさんに愚痴っていた。

怖い思いをしたのは、タイヤが細いせいだけではない。

ヴェクスターを購入したのは2006年1月。

約7年落ち。

納車しての初出勤時に新品タイヤ特有の
『気をつけて走る』の原則を怠り、
雨上がりのグレーチングでスリップして転倒。

それ以外は全く、物損も含めて事故はしていない。

エンジンオイルもレッドバロンの指導のもと、
1,500キロ毎に確実に交換し、
駆動系もキロ数に応じてメンテナンス、
スパークプラグも規定通り交換してきた。

しかし冬になると朝の通勤時、自動車専用道路である
バイパスのトンネルの中でエンジンが止まりそうになる。

ってか、止まったこともある。
出口ぎりぎりで惰性でなんとか脱出したが...。

追い越し車線を走っているときにエンジンの
前に進もうとする動力を感じなくなるほど
怖いものはない。

追い越し車線の路肩で止まってしまっては、
脱出のしようがないからだ。

スパークプラグを替えようとも、
バッテリーを替えようとも改善しない。

セルは普通にかかるのでバッテリーでは
なさそうではあったが。

こればかりは参った。


走行距離は3万キロを越えた。

ぼちぼち、またVベルト、ウェイトローラーあたりの
交換時期が近づいてくる。

フロントタイヤの溝も少ない。

乗り続けても、出費がかさんでいく。

査定もどんどん落ちていく。

交換部品を交換しても、あとどれだけ
乗り続けられるのだろうか。

そう考えると、買い替えの時期は
そう遠くないだろうと思っていた。


その5へつづく


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2013.03.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kajikenpapafight.blog52.fc2.com/tb.php/113-efd790ef