上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夕方に仮組みを行いましたが、クリスマスまであと1週間と
いうことで、かなり焦ってまいりました。

それなので、本日塗装まで踏み切ってしまいました。


塗装を行う前に、塗装のノリと塗装面の仕上がりを
よく見せるために、サンドペーパーで木の表面を
整えました。

本来なら、ホゾ作成以上に念入りに行うべき工程なんですが、
先ほど申し上げた様に、時間がないことと、
家族からの圧力にも負けてしまい、サンディングは
かなり適当になってしまったような気がします。

表面の仕上がりは適当でも、娘が使用する上で
怪我はしてほしくなかったので、
面どりなどは、結構念入りに行いました。

足になる縦棒の面どりです。

ベッド製作2011121701_02

サンディングを怠ったことによる表面の粗さを
コーティングでフォローしてしまおうという理由と、
素人ながらもそれらしいツヤがほしいと思ったので、
塗りにくいのも覚悟で油性塗料を選びました。

ベッド製作2011122101

アサヒペン 木工用着色ニス 300ml

しっかりした保護もしてもらいたかったので、
ウレタンニスに、ちょっとこだわりました。

油性塗料は粘度が高いので、基本的に薄め液で
薄めながら粘度を調整して塗っていきます。

いきなりすべてを薄めるのではなくて、
別容器に少しずつ出しながら使用します。
(コーヒーの瓶のラベルそのままで使用^^;)

ベッド製作2011121702_02


フタを開けた直後は、まだかき混ぜやすいのですが、
だんだんシンナーが抜けてきて固くなってきます。

さらに真冬の夜中に作業を行ったので、
気温が非常に低く、塗料が固くなりやすかったです。


最初から判ってはいたことなんですが...。


あと、今回使用したライトオークは黄色い塗料と
赤い塗料が混ざっていて、瓶の底のほうに赤い塗料が
沈殿していますので、かなり良く混ぜないと
赤いムラができてしまいます。

結局ムラのフォローやら何やらで、
塗装工程は、次の日の昼までかかってしまいました。

赤いムラを消すために翌日、もう一瓶購入しました。

やはり塗装は、常にかき混ぜ続けることが
大事であると学びました。



↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ


《 ベッド製作 ブログ一覧 》
ベッド製作 その1 計画編
ベッド製作 その2 ホゾ彫り
ベッド製作 その3 部品完成 仮組み
ベッド製作 その4 塗装工程1
ベッド製作 その5 塗装工程2 乾燥完了
ベッド製作 その6 床板作成
ベッド製作 その7 完成です!
スポンサーサイト
2011.12.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kajikenpapafight.blog52.fc2.com/tb.php/104-62e1aed5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。