FC2ブログ
献血の受け付け時に朝、予防の意味で
風邪薬を飲んだことを自己申告したら、
献血を断られてしまった話です。



数ヵ月に一回、職場の近くに
献血車が来ます。

日頃あまり社会貢献できてない
私ですが、血が足りなくて困ってる
方に、なにか自分なりに役に立てる
ことはないか、と思い、献血車が
来たときは、自主的に献血に
参加することにしています。

始まりは高校生の時に高校に献血車が
きた時でした。
大学生の時もキャンパスまで献血車が
きました。

結構友達と、わいのわいの誘い合いながら
楽しみながら参加したものです。

今は職場で誘い合う雰囲気はないけど
一人でも参加します。

ただ今回は非常に残念な結果になって
しまいました。

この最近、日中は夏日になりましたが
朝晩が少し冷えるので、朝起きた直後に
喉が引っ掛かる感じがしたので
予防の意味で風邪薬を飲みました。

結果的には、9時、10時頃には
全く喉が落ち着いていたので、
起きた直後の喉の引っ掛かった原因は、
寝ている間のいびきだったかも
しれないし、風邪薬を飲む必要は
なかったのかもしれません。

とりあえず献血の受け付け時に、
朝風邪薬を飲んだことを自己申告したら
今回は遠慮されてしまいました。

断られた理由は理解できているので、
断られた事自体には納得している
のですが...。

今回社会貢献できなかった事が
残念でなりません。


献血で採取される血は、とても
シビアなものです。

輸血時に同じ血液型の血でも、
他人の血である以上、何があるか
わからないし、献血で採血される方も
病院で輸血に従事される方も、
その間に関係されてるいろんな方々が
あらゆるリスクと闘いながら
輸血される方にまで届けて下さってる
のだと思います。

そんな中で、なんのわだかまりもない
純粋な血を提供することが
献血するる私の仕事です。

それなので風邪薬を飲んだことを
隠してまで献血するつもりもない
ですし、今回はこれで良かったと
思っています。

わざに献血センターまで足を
運べればいいのですが
結構な頻度で職場の近くまで
献血車は来られるので、
その時には、風邪薬を飲まない
ようにしときます。


献血って、いいですよね。

採血された私の血は、
当日か翌日には名前も顔も知らない
誰かに輸血され、命を救う
事でしょう。

それは、見返りや報酬やお礼を
求めるものではなく、
本当の意味での純粋な人助け。

これからも続けていきます。

それとは別の話ですが、
献血センターも最近は献血した
回数が10回単位であったり、
高齢者からの献血などに
表彰制度があります。

ハンドソープ、ペンセット、
有名な方のデザインしたガラス製の
盃とか、貰えたりします。

先程の見返りを求めない貢献という
言葉には反しますが、やっぱり
表彰されるのは嬉しいですね。

そういった表彰を目標に献血に
参加されるのもアリだと思います。



↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2014.05.10 / Top↑