上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
1年位前に我が家の子供への時計の教え方について
説明しましたが、結構検索で引っかけて訪れてくださる
方が多いので、前回の第一弾からの続編を
お伝えしたいと思います。


そう、第一弾からの続きがあったんですね^^;


<< 第一弾はコチラ >>


第一弾でもお伝えしたように、子供に考えさせながら
時計の読み方を教えるのも一つの手だと思いますが、
我が家の場合、最初から答えを教えて覚えていくという
のがメインコンセプトです。


親の都合でクイズ形式であれやこれや教えても
子供にとって、それが何の役にたつのか解らなければ
覚える意味がないのです。


意味がないものは頭に入りません。


子供にどうやって時計の読み方を教えてよいか
わからない方は、おそらくその、

『なぜ時計が読めなければいけないか』

を教えずに、一生懸命読み方だけを教えようと
されてるのではないかと思います。


部品が入っていない子供の頭の中で、
どんなに組み立てようと思っても無理です。

そこには、部品も材料も道具もないのですから。


我が家では、その、

『なぜ時計が読めなければいけないか』

を教える自信はありませんでした。


どういっても、障害児の場合、なおさら、
状況を全体的に把握するのは難しかったですから。


それなので、我が家ではとにかく先に答えを教える。

つまり部品を頭の中に先に入れる。

それから、あとはじっくりと頭の中で組み立てていく。


その手法をとりました。



前回からの発展版がこれです。


P1090376_2.jpg


はい、ほぼ完全に答えを見せてますね。


結果的に我が家では、上の子(障害児)も、
下の子(健常児)も時計の読み方を覚えました。


考えさせないと身につかないのでは?という
意見もあるでしょう。


私自身、勉強や仕事に関してはそう思います。

人から聞いたことはすぐ頭から抜けてしまいます。

苦労して調べたり体験したりして身につけたものは
一生の宝です。


要は、このあらかじめ見せる答えは、
自分で考えるための『部品』です。


この答えの書かれた時計を生活の中で
どう使っていくかだと思います。


第一弾でも説明しましたが、この時計は
子供が普段一番生活で使う部屋についています。


ゲームをする時間、おやつの時間、
テレビを見る時間...。

子供にとって楽しみの時間が必ずあると思います。


必ず始まりの時に自分で時計を読ませます。

30分ゲームをして良いのであれば、
30分後の時間を時計を見ながら考えさせます。

その2つの時間が答えられたら、ゲームをしても
良いと決めたら、早くゲームをしたいので
子供たちは必死で考えて答えてきます。


答えが書いてあるから、当然そのまま読みますね。


それで良いのです。


そのうち、長い針も短い針も位置で時、分を覚え、
この時計ではない、数字が書いていない普通の時計でも
読めるようになりました。


追いつめられていないので、覚えるのも
早かったと思います。


ウチの子は教えようとすると拒絶するタイプだったので、
この生活の中での自然なやりとりがマッチしていた
ような気がします。


ご参考になれば、と思います。


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
2014.04.24 / Top↑

安全性を高める為に『ラフアンドロード』の
『プロテクター』を購入しました。



先日、カミさんをシルバーウイングの後ろに乗せて
タンデムした時に感じたのは、
リード90やヴェクスターに乗る程度の
気持ちで乗ってはいけないという事でした。

大きくてゆったりしたシート、
二人乗りでも余裕で急坂を上るトルク、
後ろに人を乗せているのを忘れるくらいの
安定感。

しかし、忘れてはいけないのが、
乗っているのは、もはや自転車に原動機を
つけました、というような乗り物ではなく、
どちらかといえば、生身の体で車に乗っているのと
同じ状態であること。

もしも滑ったら、もしも倒れたら、
もしも前の車がいきなり停車したら、
もしも横から人や車が飛び出して来たら...。

一人乗りでも当然気をつけないといけない事ですが、
一人の時に直面する危険は反射的に避け、
体制を整えることができるかもしれませんが、
二人目がバイクに不慣れであった場合、
バイクの特性を知らない場合、
反射的に反応するだけの身体能力を持ち合わせて
いない場合、バイクはいうことを聞きません。

それは大きなバイクであればあるほど、
思い通りの挙動から大きく外れるでしょう。


大きなバイクに乗るということは、
それなりの気持ちと、それなりの装備が
必要であることをつくづくと感じました。


シルバーウイングは単なる私一人が通勤用として
買ったわけではなく、家族全員で楽しむために
買ったものです。


あれからいろいろとタンデムするための情報を
得るために、インターネットで調べましたが、
いろんな声があるみたいですね。


・こどもとタンデムするのは親のエゴだ。
・奥さんとタンデムして、もし事故して、
 二人ともいなくなったら、残った子供はどうするの?

などなど、批判的な意見もたくさんありました。


バイクは生身で乗る乗り物である以上、
車より危険な乗り物であるのは事実でしょう。


でも車では味わえない楽しさもたくさん秘めています。

それを麻薬だといわれてしまうと、世の中の
スリルを味わうものはすべて同じ扱いといえて
しまいます。

包丁は道具にも武器にもなります。
すべては使う人次第です。

バイクも同じことが言えます。


もうすぐシルバーウイングに乗り出して1年
経とうとしています。

毎日通勤しながら思うのは、大きくて重たい
バイクに乗ると、常に二手、三手先を読みながら
運転するようになります。

あっ、と気づいてからでは遅いからです。

二手、三手前に予想される危険な状況から
避けるように心がけるようになりました。


結局バイクが楽しい乗り物なのか、危険な乗り物
なのか、使う人次第なんですよね。


あと、インターネットで検索していて
気になったのが、子供を後ろに乗せるときに、
居眠り対策にタンデムベルトを装備する人は
多いけど、見かけをきにするせいか、
子供にプロテクターをつけている人が
少ないような気がしました。
※あくまで、見たサイトがそういうのだけだった
 だけかもしれませんが。


いまからジャケットとか少しずつ装備を
充実させていきたいので、いきなり高価な装備は
買えませんが、少しずつ揃えていきながら、
いいものにステップアップしていきたいと
思っています。


手始めに肘と膝のプロテクターのセットが
手ごろな値段で売っていたので、
買ってみます。


ラフアンドロード、個人的には好きなメーカーです。


体にフィットしてくれたらいいですね。





↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓

人気ブログランキングへ

2014.04.22 / Top↑
主寝室のシーリングライトが壊れたことをきっかけに
LEDシーリングライトの購入を検討。

いろんなメーカーから発売されていて、
その中でもいろんな特性のLEDシーリングライトが
あります。

そんな特性や特徴を調べてみました。
※既知の知識も含まれてます。
ずれてるとこがあったらスミマセン。

【LEDシーリングライトを買ううえで気にするLEDの特徴】

1.省電力?

  LED型ライトは省電力と良く言われますが、
  これは白熱球とか電球タイプのライトから
  LEDへの交換で言われることで、
  蛍光灯タイプのライトの場合、
  LED型ライトに交換しても
  劇的な省電力にはならないみたいです。

  蛍光灯は、ガラス管にガスを充満させていて、
  それに電気を流すことで発光しているので、
  物理的摩擦(抵抗)があまり発生しません。
  それに比べて電球はフィラメントという発光体があり、
  フィラメントに電気を流して発光しており、
  物理的摩擦(抵抗)が発生します。
  電気コンロの熱線みたいなものでしょうか。
  これは3の発熱量にも関連します。

  とりあえず抵抗が少ない蛍光灯なので、
  電気の消費効率はもともとあまり悪くない
  みたいです。


2.経費節減?

  LEDシーリングライトは本体に直接LEDチップが
  取り付けてあり、素人には簡単に交換できません。

  LEDは長寿命が長所なので、交換ができなくても
  基本的に困りません。

  LEDシーリングライトの本体が壊れるまで、
  蛍光灯タイプのシーリングライトみたいに蛍光灯という、
  消耗品、交換部品が発生しないので、
  その部分については経費節減になります。

  蛍光灯タイプのシーリングライトに比べて、
  LEDシーリングライトは少々値段が高めですが、
  この消耗品なしで、本体が壊れるまでにどれだけ元が取れるかで、
  得だったか損だったか別れるでしょうね。


3.発熱量低減

  LEDは発熱量が少ないのが特徴です。

  発熱量が少ないことは、1でも考えた省電力につながります。

  通常電灯(ライト)は明るくなる時に、
  発光エネルギーと発熱エネルギーが発生します。

  電球を明るくするときに電気を使いますが、
  この2つのエネルギーに使われる訳ですね。

  電灯(ライト)は明るいけど、熱いですね。
  ストーブも熱いし、明るいです。  


  電球の目的は明るくすることで、ストーブのように
  暖かくなりたいわけでありません。

  つまり発熱エネルギーは要らないエネルギーで
  電球を明るくする上で、電力の無駄遣いです。

  LEDシーリングライトは発光エネルギーに注力するので、
  発熱量が少ない、つまり部屋が暑くなりにくいです。   
 


4.光の拡散量

  LEDは指向性が強い光を発します。
  
  基本的に真正面は明るいけど、それ以外の周りは暗くなります。

  LED型のライトの場合、求められるのはその指向性の高い光を
  どれだけ部屋全体にまんべんなく拡散させるかです。

  シーリングライトの真下に座るから真下だけ明るければ良いか?

  物は1方向からしか光が当たらないと影ができます。
  この影が意外と物を見えにくくします。

  電灯で明るくした部屋で物を見るというのは、
  電灯からの直接の光だけでなく、天井や壁で反射した光も使って
  照らされたものを見るので見やすいのです。

  それなので、LEDシーリングライトは、真下だけでなく、
  天井や壁まで、部屋全体をどれだけ明るくしてくれるかで
  選ぶ必要があります。
  


5.色温度
    
  光には色温度というのがあり、低いと暖色(黄色とかオレンジ色)、
  高いと寒色(白色とか青白色)になります。

  あまり色温度が低いと、暗く感じます。
  逆に高いと、明るく感じます。

  別の見方で、色温度が低いと、落ち着きのある部屋になり、
  色温度が高すぎると、落ち着かない部屋になります。

  部屋が明るいと、物が見やすいと思うかもしれませんが、
  あまり明るいと、影が少なくなり、物に立体感が少なくなり、
  物が見にくくなります。

  眩しいと、意識的か、無意識に目を細めたりしてしまうので、
  目の負担が大きかったり、物が見にくかったりします。


普段何気なく使っている電灯。

明るくする仕組みを変えるって、
いろんなことを考えないといけませんね。

その3につづく。


今回購入したLEDシーリングライトの類似品

今回候補にあがったLEDシーリングライト1

今回候補にあがったLEDシーリングライト2


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓

人気ブログランキングへ


2014.04.06 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。