FC2ブログ


先日ネットで注文したシャチのフロートが
届きました。

とても対応が早かったです。3日で届きました。

シャチ1



これくらいの箱に入ってきました。
意外とコンパクトです。

シャチ2



きちんと折りたたまれて入っていました。

シャチ3



バイクのブーツカバーを購入した時と同じように
多分二度とこんなにきっちりには折りたためないでしょうね。

シャチ4



折り目を1回広げたところです。
説明書と黄色いシート(たぶんシートは透明で裏紙が黄色い)が
1枚入っています。
シャチが破れた時の補修用ですね。

基本的にそのまま貼り付けて圧着して膨らまさずに放置しておけば
くっつくらしいですが、説明書によれば、それでもうまくつかない場合は
キャンピングマット、テント、靴などの修理に使うシリコン、
ポリウレタンの接着剤を使用するようにとのこと。

シャチ5



完全に広げて、仰向けにさせたところです。
しわが寄っているので、この時点ではあまり大きく感じませんでした。
本当に全長193cmあるの?と、ちょっと不安にさせられました。

シャチ6



うつ伏せの状態です。
なんか路上で車に踏まれたカエルか昆虫みたいで無残ですね。

はやく膨らませて元気にしてあげたいものです。

シャチ7



では、膨らませていきます。
かなり大きいので、口で空気を吹き込んだり、手動の空気注ぎで
膨らませるのはツラいと思います。

エアーベッド用の電動ポンプを使っても10分以上は
かかったと思います。
実際の容積はエアーベッドのマットレスと大差ないかも
しれませんね。

尻尾の尾びれのところだけ、別袋になっているので、
万が一、海とかで使用中に本体に穴が開いて、しぼんだとしても
尾びれだけは浮き袋として残るので安心です。

シャチ8


膨らませ終わったところです。
完成するとさすがに全長193cm!!!デカいです。

団地サイズの畳1帖が小さく見えますね。

ボディの左脇には注意書きがプリントされているので、
リアルなシャチのディスプレイとしては使えませんね。

常に安全を心がけましょう、ってことですね。

シャチ9



前方から見たところです。
なかなか圧迫感があって、いい感じですね。

シャチ10



反対から見たところです。
右脇には注意書きのプリントはないので、シャチらしいです。

シャチ11



頭を真上から見たところです。
背びれが凛々しいですね。

両サイドにグリップがついていて、しっかり握れるようになっています。
ちゃんとしたプラスチック製のグリップで
安定感があっていいですね。

手びれがあるので、両方のグリップを握っている間は
そう簡単にはひっくり返らないと思いますけど、
どうでしょうね。

シャチ12



尾びれのアップです。
後ろから掴まるには十分な大きさで、上に跨るだけが
遊び方ではない感じでいいですね。

シャチ13



もう一度、グリップのアップです。
普通に手提げかばんとかについてそうなグリップです。

グリップの付け根も、そう簡単にグリップが取れないように
面積を広く溶接してあるので安心です。

シャチ14



背びれの付け根のアップです。

パーツの溶接部分は背びれ、手びれ、尾びれの3箇所になりますが、
いずれも写真にあるように、生地を折り返すような形で
溶接してあるので、多分このつなげ方が一番取れにくいんでしょうね。


海から帰ってきたら、絶対に浜辺の砂が入ってそうですね。

シャチ15



ここからの続きは、後日更新します。





↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2013.07.18 / Top↑