上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は息子の運動会。
小学2年生なので2回目の運動会です。

開会式は午前9時からですが、父親の戦いは日が昇る
前から開始されます。

応援席の場所取りですね。

最初に聞いた時は、
『そこまでしなくても...
とか思っていましたが、親を招くともなると、
やはりしない訳にもいかず。
(別に親から言われたわけでもないんですけどね

昨夜の仕事が23時を越えてしまい、寝たのが0時過ぎだったので、
4時間くらいしか寝ていなかったので、ツラかった。


去年は5時50分に並んで1番を獲得しましたが、
今年並ぶ東門はレベルが高そうだったので、
4時50分に並びました。

誰も来ていなくて1番でした。

でも二人目は、去年は6時15分頃に来ましたが、
今年は5時過ぎには来たので、年々加熱している
ようです。

寒かった...。

でも思い通りの場所を確保できました。


さて運動会が予定通り9時に始まりましたが、
入場の時に去年までは支援の先生がついてくれていたので
カメラを撮る立場としては判りやすくて良かったんですが、
息子もだいぶ慣れてきたのか付き添いの先生は
ついておらず、判り難かった~。

でも一人で周りについていけるようになって嬉しかったです。

1種目目は、はしご状の板に箱を載せて運ぶ競技です。
普通は2人で運ぶんですが、息子はアンカーで3人にさせて
もらって、友達2人の補助をするような立場でした。

自然な形で競技に参加させて貰えて、学校に感謝します。

2種目目は、踊り。『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマに
あわせて踊ります。
あらかじめ配られている、ポジショニングの資料が頭に入って
おらず、どこにいるのか全然判らなくて、戸惑いましたが、
適当に見渡すようにカメラを回したら、なんとか少し写って
いました。

あまり踊り遅れていなかったから、見つからなかったのかな。
うれしい誤算です。


3種目目は、かけっこ。
2年生は、グランドの真ん中を直線に走ります。
昔は、その直線を走るだけでも難しかったんですが、
立派にスタートのタイミングも合わせ、まっすぐゴールに向かって
走れました。


本当に少しずつですが、成長を感じさせてくれました。


私自身、偏頭痛持ちで、昨夜と今日の早朝と無理をしたのが
祟ってか昼前から頭痛が始まり、運動会の開催中、ずっと頭痛に
見舞われ、フラフラになりながらカメラを回す一日でした。

頭はクラクラするし、変な冷や汗も出て、絶不調でしたが、
あとから冷静になってビデオを見ればいいか、と思って
必死でビデオ席の場所を効率良く確保しながら収めました。

他のお父さんも必死でビデオを撮っていましたが、
私自身、複雑です。

本当の親の仕事は、必死でビデオを撮ることではなく、
ファインダー越しではない生の子供達の頑張りを
応援してやること。

確かに後に残る写真やビデオも、とっても大事なんですけどね。


頑張りはするけど、その辺を考えると、
いつもイベントが終わるたび、精一杯ガンバった達成感と
共に、罪悪感を感じるのが正直いったところです。


でもかじけんパパ、全力で頑張ります!!!!



↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2010.10.23 / Top↑
今日は娘の幼稚園の運動会でした。

年長なので、今年で幼稚園最後の運動会です。

正確には昨日(9日の土曜日)だったのですが、
雨で延期になりました。

今日は暑いくらいの晴天で、良かったです。

カミさんは運動会委員なので、ずっと裏方の進行をするので
娘の応援はおろか、休む暇もない状態です。

例年、双方の親を応援席に呼んで、カミさんと息子は
応援席で応援、私はビデオ、カメラのベストポジンションを
求めて走り回る...というスタンスですが、
今年はカミさんのお母さんが応援に来てくれて、
ほとんど息子の面倒を見てもらう形になってしまいました。

娘は少し完璧を求める傾向があり、よく言えば向上心が高いです。

今日までの間も、かけっこで一位になる!と宣言していましたし、
踊りとかも完璧を目指していたようです。

完璧を求めるあまり、力が入りすぎて、いつもボロが出るのだが...。


さて、本番。最初は組み体操。

宣言していた通り、ハキハキと技をこなしていきます。
ちょっと固い性格が動きにも出てるのが笑ってしまいますが、
上手でした。

2つめは親子競技で、私も参加しました。
二人三脚で地面に散らばったアメを拾います。

基本、娘は黄色が好きなので、近くに黄色以外のアメが
落ちていても見もせず、遠くの黄色いアメを拾いに行くのが
おかしかったです。

3つめも親子競技。カミさんがいないのでこれも私が出ます。
年少から年長まで全園児対象なので単純な体操です。
父親と喜んで面前で踊ってくれるのは、今のうちなのかな~。

最後は年長の最後の花形、リレーです。
最初の部で女子、最後の部に男子が走ります。

娘は7走目で、とっても頑張って走りました。
飛びぬけて早くはないけど、お姫様走りでもないし、
これから鍛えればそれなりの走りができそうな予感。

女子は途中からずっとトップだったのですが、最後の
アンカーがゴールする数十センチ手前で抜かされ、
2位になってしまいました。

抜かしたクラスの園児も親御さんたちもおおはしゃぎ。

後から周りがアンカーを攻めたり...とか嫌なムードに
ならなければいいがな~とか思ったけど、
そこは、さすがは年長さん。

女子の仇とばかりに、ウチのクラスの男子の心に
火がついたそうです。

激走を繰り広げて、ウチのクラスの男子は一位になりました。

男子の心に火がついた話は、家に帰ってカミさんに
聞いた話だったのですが、とってもうれしかったし、
安心しました。

なんでもアンカーの子は体調を崩していたみたいで、
それでも走っている姿からは、それは感じられませんでした。

体調を崩していても判らない位、精一杯走っていたんですね。



団体競技はおもしろいものです。

一人の能力が長けていても、それが勝利に結びつくとは
限らない。
一人の能力が劣っていても、皆が補うことにより、
結果は敗北となるとは限らない。


娘に強くそのことを話しました。

幼稚園最後の運動会、娘のいい思い出になったし、
きっと学ぶものも多かったと思います。



↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ
2010.10.11 / Top↑
息子は会話をしていても、なかなか話の内容を
すぐさま頭の中で形に表すことが難しいです。

一旦憶えてしまえば、なんのことはないのですが
その憶えるまでが、なかなか難しいようです。

『視覚支援』といって、言葉で何を意味しているか
解からない時は、とにかく絵や言葉で伝えるようにします。

我が家では『行き先ブック』みたいなのを作っています。

週末によく買い物に行くスーパーやホームセンター、
家電用品店、薬局、飲食店など、とにかくデジカメで
写真を撮ります。

そして写真を印刷して、ラミネーターで保護して、
穴あけ、糸などで束ねてブックにします。


『スーパーに行く』と言っても解からない時は、
写真を見せながら教えると、言葉と写真が頭の中で
一致するので
、理解できるし安心します。

繰り返すと、おのずと沢山、言葉と写真が繋がって
頭に蓄積される
ので、そのうち言葉だけでも不安に
ならなくなります。

そしてよくあるのが、複数の施設をウロウロする時、
何回教えても、

『次どこ行く?次はどこ行くの?』

と聞いてきます。

先が見えなくて不安なんでしょう。

そんな時は、あらかじめ行く順番を決めておいて、
その順番に写真を束ねて見せます。


すると写真を見ながら次はどこに行くかを自分で
調べるので、行き先を聞いてこなくなります。

さらに行き先を変更した場合、結構大変です。

自閉症の子は、機転を効かすのが非常に苦手なので
途中で予定が変更になると、パニックになります。
頭の中が健常者以上にくしゃくしゃになるからです。

でも写真を入れ替えて、次に行くはずだった店は
順番が変わって、次の次に行くのだと教えると、
頭の中の店の順番を入れ替えてくれます。



写真があるのとないのとでは、全然違います。


昔みたいに現像とかしなくていいので、便利な世の中に
なったものです。



↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ
2010.10.09 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。