上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は息子の通う療育センターの
日曜参観日でした。

普段参加できない父親にも日頃の園での
生活を見てもらうのが主旨で、
普通参観日といえば、1授業だけを傍観する
といった感じだけど、ここでは朝から夕方までの
普段の生活を『そのまま』見せてくれます。

また遊戯では拍手や掛け声などのオーディエンスを
みんなでして、みんなで場をつくる参観日でした。

普段より緊張する子もいれば、張り切る子、
嬉しくてお父さんばかりチラチラ見る子。

障害を持つ子は気持ちを外に出すことが苦手な
子が多いけど、そういった感情を表に出すのは
たとえ他人の子でもかわいいものです。

普通幼稚園にいる時は、息子は黙って椅子に
座ることがまずできませんでした。
グズったり廊下や外に飛び出したり、
放棄して投げ出したり。

転園してあれから2ヶ月半。
専門の療育で、みっちり鍛えこまれたのでしょう。
今日は一日きちんと座っていました。
そして、授業が楽しいと思える顔をしていました。

たまにこちらに駆け寄ってきたり、声かけてきたり
私の姿が見えなくなってグズることもありましたが、
明らかな成長を見ることができました。

昼からは園長自らの父親への療育の講義でした。

以前、カミさんがその『講義』を受けたときの感想は
『健常児、障害児に関係ない子育ての基本』
と言っていました。
確かにそんな感じです。
健常児も障害児も教育の基本は変わらないのです。

でもさらに私はその上を感じました。
教えられたことは子供だけに関することではなかったです。

大人にだって充分言えること。
普段意識せず行動しているけど、その判断や行動を
細かく細かく細分化したものが、今日の講義の内容でした。

判断力とは?子供との関係を築いていくこととは?

それは社会に出た大人だって、同じ。

判断とは、自分の頭の中で行われる会議の結果。
判断力や視野の広さとは、その会議に出席する人数と
発言される意見の数。
人間関係なんて一生つきまとうもの。

息子に対してだけでなく、これからの私自身にも
為になる講義でした。

どんなに頑張っても、あと1年しかこの療育センターには
関わることができないけど、もっともっと、療育に対して、
もっともっと療育センターとの接点を深めたいと思いました。


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
2008.01.27 / Top↑
昨日[26(土)]は息子が通っている
療育センターのお父さんの会(呑み)でした。

だいたい年に4回くらい、やってるみたいです。
私の息子は去年の11月に普通幼稚園から
療育センターに転園したので、私によって
初参加でした。

基本的には知らないお父さんが多かったけど
いざ参加すると、職種は違うし年齢も様々ではあるが
子供が障害児であることは共通だから
話題に尽きることはない。

そればかり話してる訳ではないけど、
仲良くなるきっかけとしては、正当であろう。

でもみんな、お父さんという立場でも、
よく勉強してるし療育に関心もっていると思った。
真剣に子供の障害を考えているお父さんが多くて
嬉しかった。

自分は直接息子の付き添いになるとかは
できないから、カミさんの話や相談を聞いてあげるので
精一杯だった。
それでなんとか貢献してると思っていたけど、
お父さんの会に参加して、他のお父さんの話を聞いて
自分は甘いと思った。

もっともっと近い立場で息子に接しないといけないと思った。
家計を支えるという主の役割は忘れてはいけないけどね。

もっともっと障害の勉強しないといけないし、
障害を乗り越えるためには、沢山の人の
意見や協力が必要だと思える日でした。

世の中、子供の障害を認めたくない、目をそらす、
母親に全てを押し付けるお父さんが意外と多いです。
母親一人で悩んで、一人で世話してっていう
お母さんも多いらしいです。

直接は母親のお腹の中で栄養をもらって育って
母親の中から出てきたのは事実。
でも子供をつくろうって決めたのは二人でしょ。
意図的であれなかれ、つくる行為をしたのは
二人でしょ。

だったら二人で頑張るのは当たり前じゃん。
それは産まれたのが障害児でも健常児でも一緒だけどね。

デキが良くたって悪かったって、
障害児だって健常児だって、
ハズレなんてないんです。

親たちにとって生きがいであれば。
息子にとって人生は楽しいって感じてくれれば。

会に参加したお父さんは、私と同じように思っていました。





...でもね、男ばかりで25人も集まって
呑むと、どうなるか分かります?



そう、下ネタ、飛び交いまくります
真面目な話ばかりじゃないですよ。酒呑むと。


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ

2008.01.27 / Top↑
昨日は娘の3歳の誕生日でした。

週末から悩んでいた手足口病は、一通り落ち着いた
ようです。

家に帰ったら普通にご機嫌でした。
ってか、いつも通りにウルサかった。

トイレに行ったらパンツはかずに踊りながら
戻ってくるし(ーー;)

せっかくの誕生日、こうであってもらわないとね。

でもこの数日、水を飲んでもしみたんでしょうね。
治療中は飲んだり食べたりが、えらくしんどそうだった。

寝るときも痛みに対して、よっぽど眠気の方が
勝たないと眠れず。
寝ても痛みが勝って、眠りから引きずり出されたり。
本当に大変でした。

ってか、親も親で大変でした。
連日、昼は一日中泣くからずっと鼓膜を踏ん張らねばならないし、
夜な夜な起こされるし、もうフラフラです。

命に別状がないと分かっていても、
大粒の涙を流す子供に、どうしてもやれない
むずがゆさもあり、気が気でなかったです。

今日は仕事で定時後処理。残業でした。
子供の誕生日の日は、なぜか定時後処理に重なる。
なんとかせいや~!(`д´)
さっさとすませて、定刻が来る前にも、
さっさと帰りました。

帰ったら食事は終わってしまってたので、
何もしてやれなかったけど、
治療中は泣き喚くのでフロにもいれてやれなかったので
せめて、連日の汚れをしっかり落としてやりました。

↑なんじゃその祝い方は!?(゜_ 。)?


子供を集団生活させる以上、感染に対する
防衛策はないです。

帰ってきてからの手洗いと、うがいを
徹底しましょうね。


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓
人気ブログランキングへ

2008.01.24 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。