上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
結婚して、もうじき11年。

結婚時に購入以来、毎日使ってきた洗濯機ですが、
最近、洗濯カスがよくつくとカミさんが言うので、
思い切って分解掃除することにしました。

徹底的にすみずみまで掃除します!!!

ターゲットはコイツです。(東芝製)
01_P1030669_10per.jpg


02_P1030670_10per.jpg
フタを開けるとフタの周りがびっしり汚れていて、
洗濯槽のフチも汚れだらけです。
その先がどうなっているやら。。。

03_P1030680_10per.jpg
まず前面手前のパネルをはずします。
両サイドのネジカバーをマイナスドライバーで開けて
中のネジを外します。
左右1箇所ずつあるので、両方を外します。

04_P1030670_10per.jpg
上図の赤枠の部品を右か左にずらすして
上に持ち上げると、前面パネルを
はずすことができます。

05_P1030685_10per.jpg
実言うと、横にスライドすればパネルが外れることは
後で判ったことで、私の場合、知らずに
マイナスドライバーでバキバキ浮かせて外したので、
固定のツメをすべて破壊してしまいました...

06_P1030686_10per.jpg
パネルを外した図です。
パネルの裏にメインの基盤が現れます。

いきなりキャーッと言いたくなる光景が...

基盤のコネクタをすべて外します。


07_P1030687_10per.jpg
洗濯機上部の後ろ側にネジが左右あるので、
外します。まずは正面から向かって右奥部のネジ。

08_P1030688_10per.jpg
反対側。正面から向かって左奥部のネジになります。

09_P1030689_10per.jpg
洗濯機上部の部品(洗濯槽より上の部品)を手前に
引っ張るとツメが外れるので持ち上げます。

ここでも絶句するような光景が...

こんな空間に衣類を同居させていたとは。

そのままフタをして終わるわけにはいきませんね。

頑張って掃除しましょう。フーッ。

10_P1030693_10per.jpg
洗濯槽を外します。
洗濯槽の底のプロペラから外します。
真ん中のネジを外します。大きめのプラスドライバーか
マイナスドライバーで外します。

ドライバーの回し始めにネジの緩み防止か、
わずかにコクコクッという感触がします。

ネジを外したら、掴みにくいプロペラの凸部を
つまんで持ち上げます。

難しいですが、水平を保って、まっすぐ真上に持ち上げれば
ゆっくり持ち上がって外れます。

11_P1030695_10per.jpg
はずしたプロペラの裏側です。
びっしり汚れています。

うぐぐっ。

12_P1030697_10per.jpg
プロペラを外した洗濯槽の底です。
写真ではあまり伝わりませんが結構汚れています。


13_P1030698_10per.jpg
拡大写真。
ヘドロの幕が前面に張りめぐってます。

あと底は鉄板になっていて、4本のネジで固定されていますが、
サビが出てます。サビと衣類が共存するって...

14_1030699_10per.jpg
これらのネジをボックスレンチで外していきます。
人によってはT字のレンチで外してましたが、
止めてあるネジの本数にもよるのかもしれません。
(多分1本のネジで止めてある場合は、
 意外に固く締めてあるのかも)

我が家の洗濯機は4本ネジだったので、あまり
固く締まっていなかったので簡単に外れました。

15_P1030700_10per.jpg
洗濯槽上部のカバーを外します。
写真の赤丸のようにツメで止まっているだけなので、
指を引っ掛けて、外側に広げるだけで外れます。
多分全部で4箇所くらいツメがありました。

次から次から汚れが見えてきますね。

16_P1030701_10per.jpg
洗濯槽上部のカバーを外した写真です。

洗濯槽の外側と内側が分離して見えてきました。
ここから内側の洗濯槽のフチを持って
持ち上げると、外すことができます。

17_P1030702_10per.jpg
洗濯槽の内側が外れました。

結構汚いです。これで洗濯をしていたなんて...

ヘドロがたくさんついていて、これらが少しずつ剥がれて
衣類についていたんでしょうね。

でも他の人のブログで見るより我が家の洗濯槽は
まだキレイな方かな...とか思って見ていました。

ヘドロがたくさん付いているのは、洗濯で満水にした時に
水があまり当たらないところとも思えたので、
影響は少ないかな、とか思ったり。

後で、この洗濯槽については、そんな呑気な事を言って
いられなくなりましたが...

19_P1030703_10per.jpg
洗濯槽外側の光景です。

こちらは結構壮絶ですね。
かなり前面にヘドロがこびりついています。

こりゃ洗濯で洗剤使っても、これらのヘドロが
ほとんど吸収してしまいそう。

徹底的に掃除しましょう。

専用のクリーナーとかあるのかもしれませんが、
洗剤があとで残ると面倒くさいので、基本的に
普通の石鹸を使ってスポンジでこすり洗いしました。

それだけでもそれなりに汚れが落ちました。

しばらくこすり洗いしては水をかけて汚れの落ち具合を
確かめる、の繰り返しをします。

当然、水が抜けないので、どんどん水が溜まるので、
洗濯槽横にある、水量がオーバーフローした時に、
流れる時に使う穴から、汚れた水を流します。
(排水溝ホースは普段どおり差しておいてね)

20_P1030710_10per.jpg
洗濯槽がキレイになれば、基本的に洗濯カスが
付着する問題は解消されるのだが、どうにも一度見てしまった
洗濯機全体にこびりついたカビのような汚れが
無視できず、徹底的に掃除して除去することにします。

まずフタを外します。
つがい部の外側にツメ(可動軸になるところ)で止まっているので
マイナスドライバーで押し広げてツメを外します。

片方を外せば、反対側は簡単に外れると思います。

21_P1030712_10per.jpg
フタのつがい部が外れた写真です。

正面向かって右側はバネが付いているので、フタ全体を
左にスライドさせれば、バネの針金が外れます。

22_P1030713_10per.jpg
洗濯機上部の奥部の部品を外します。
フタを外したところからマイナスドライバーを差して
上に持ち上げます。

このとき、マイナスドライバーはこじるというよりは、
差して押し付ける(強く奥に差す)ようにすると、
ツメが外れるので、部品が持ち上げやすくなります。

23_P1030714_10per.jpg
洗濯機上部の奥部の部品を外した写真です。

水道水から選択用水を取り込む機械と、フロの残り湯を
吸い上げるモーターが見えます。

ちなみに我が家の洗濯機はモーターがイカれてるので、
フロの残り湯をモーターで吸い上げられません。

フロの残り湯はバケツで移さないといけません。

が、フロの残り湯は必ず洗濯に活用します。
結婚当時からフロの残り湯活用しかしていないので
活用していない時にどれだけ水道代がかかるのかを
知らないのですが、他人の話を聞く限りでは、
2ヶ月あたりの水道代に1000円単位での差が
出るような気がします。


話は反れましたが、モーターを含め、
見えている機械に数本の配線コネクタが差さって
いるので、すべて抜きます。

写真は水道ホースからの水道水を取り込みの
制御をするユニットです。


すべて配線を抜くと、配線の束が洗濯機上部の
部品から抜けるような状態になります。


電源ケーブルは、黒いゴムをマイナスドライバーで
こじて浮かすながら外します。


上部部品が外れました。

モーターなど付いている機械部品はネジで留まっているか
ツメで固定されているだけなので、外します。
さすがに機械は水で洗えないのでぬれ雑巾で
丁寧にカビ汚れを落とします。


さて、いきなりですが洗濯槽外側の洗浄が完了した
写真です。

最低限、洗濯に支障ある汚れがとれてくれれば良いので
変色したような黄バミはあまり気にしません。

普通の石鹸だけでも、それなりにキレイになりました。


問題児たちです。

普通の石鹸で、大きめのブラシを使って丁寧に
隅々までカビ汚れを落としました。

もう繰り返しますが、徹底的に掃除します!!!


洗濯槽内側の洗浄中の写真です。
泡が黒い...

洗濯槽の底にある四角いスポンジのような物体。
スポンジではなく、ちかくにあるフィルターの中に
詰まっていた洗濯カスです。

購入以来、一度も開封したことのないフィルターでした。
(フィルターの存在に気づいていなかった)


洗濯槽内側の洗浄完了の写真です。

底面にサビの跡がありますが仕方ないですね。
洗濯に支障のないレベルなので無視しました。


洗濯槽内側の部品をひっくり返した写真です。

底の黒い鉄板も掃除して、ワイヤーブラシでサビを
落としていきます。

それなりにキレイになったかな~と思ったけど、
やっぱり白い部分まで広がったサビが気になったので、
黒い鉄板の六角ボルトを外して、黒い鉄板を
外してみると...


今回の作業の最大の絶句でしたね。

思わず鼻を塞ぎたくなるような下水道のような臭いが
たち込め、下水管にこびりついたようなヘドロが
たっぷり溝に塗りこまれています。


黒い鉄板側にもこの通り...


マイナスドライバーで溝をほじくると沢山の
ヘドロが出てきます。

うぎゃー


気を取り直して、洗浄洗浄...

えーと、洗濯槽底面のプロペラをキレイにした
写真です。左下にチラリと見えるようなブラシで
ガシガシ掃除しました。


いきなり飛びましたが、一通りの洗浄を終えて、
洗濯槽をセットした図です。

底にあった黒い鉄板が灰色になっていますが、
サビを落としていたら表面の黒い塗装がはげたので、
サビ止めの塗装をしました。

サビ止めスプレーの写真は撮っていませんが、
水に常につかりっぱなしになる部品なので、
水中に強いサビ止めを選びました。

使用用途に『船底』って書いてあったので、
これなら...と選んだのが灰色スプレーでした。

『水性』とか、注意書きに『水が多量にかかる場所への
使用は控えてください』と書かれているものは
避けたほうが良いでしょうね。

↓今回使用したサビ止めスプレーです。




ボチボチ疲れが出ていて写真を撮る余裕がなくて、
工程がビュンビュン飛んでいますが、プロペラを
装着した写真です。洗濯槽のフチが真っ白で
とても美しいです。


フタ周りも、とってもキレイになりました。
やっぱり衣類をキレイにする機械はキレイであって
ほしいですね。

洗浄後、水を満水まで張って、衣類を入れずに
空の状態で一度、テスト稼動させます。

復元時のトラブルがないかの調査と、
いきなり衣類を洗濯すると、洗浄で落としきれなかった
汚れのカスが衣類についたりしたらいけないからです。

一通りの動作を確認してから衣類を洗濯。

当然ながら洗濯カスの付着はまったくナシ!!!

ドラム式洗濯機とか乾燥機付き洗濯機とか
目映りはするけど、コイツにはまだまだ現役で
ガンバッテもらいますよ^^


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.08.13 / Top↑
家で使っているハンディクリーナー。

メカ的には全くもって支障なく使えるのだが、
バッテリーの貯電能力が弱くなって、1、2分も使わないうちに
バッテリー切れを起こす。

ハンディクリーナーは、ちょっとこぼした、とか、
ふと部屋の隅が汚れてるのに気づいたときとか、
ちょっとちょっと使えるので大変便利です。

きちんと掃除をするのには、ちゃんとした
掃除機に比べるとパワー不足は否めないところですが、
この手軽さと、ちょっとしたゴミを吸い取るには
十分なパワーなので、一度手にすると手放せません。

で、使っているハンディクリーナーは、

TWINBIRD HC-4326型
コードレスハンディーサイクロンクリーナー
2011年製

です。


P1090048.jpg


上の写真の通り、使わないときはクリーナー立て、兼、
充電器に差しておくんですが、
見ての通り一体型になって、とっても収まりが良いです。


P1090049.jpg



あれでも最近ならもっといいクリーナーがあるかな、と思い、
いろんなホームセンターを徘徊しましたが、
残念ながら、このクリーナーを上回るものは
見つかりませんでした。

なんとかこのクリーナーを復活させたい。

そう思い、前回電気シェーバーのバッテリー交換でお世話になった
バッテリースペースのホームページを見ると、
対応できるバッテリーが売ってるではないですか。

ただし今回はポンづけとはいかないみたいなので
覚悟してかかることにします。


P1090050.jpg


まずは、クリーナーの頭を外します。

通常のゴミ捨ての要領ですね。

バッテリーを露出させるのには関係ないんですが、
いろいろ作業をするときに口からゴミとかが
落ちたりしたら嫌なので、念のため。

P1090051.jpg


外しました。

次にバッテリーのふたを開けます。
バッテリーは、普段クリーナーを使うときに
持つ取っ手の中に入っています。

取っ手にあるプラスネジを一本外します。

P1090054.jpg

上の写真の取っ手の右側の穴の中です。




P1090055.jpg

ネジとの反対側は、軽いツメではめ込んであるだけなので、
ネジを外した方の端っこを持って、少しずつ動かすと
取れると思います。




P1090057.jpg

バッテリーが露出しました。
ニッカド(Ni‐Cd)電池が入っていて、
4つ直列につないだものが、L字型に内蔵されています。




P1090062.jpg

コネクタが付いているので、手で外します。



P1090063.jpg

コネクタを外したところです。
左側に芋づる式にあと2つのセルがつながっているので、
引っ張り出します。




P1090064.jpg

残りのセル2つ(1つにまとまっていますが)を
引っ張り出したところです。




P1090065.jpg

バッテリーを完全に取り出しました。



P1090066.jpg


セルを2つでビニールコーティングして1まとめにしたものを
2つ連結した形です。

連結部は短いケーブルでつないであり、半田付け、
熱収縮チューブで保護されています。



P1090069.jpg


マイナス側です。
セルに蒸着させているタブにケーブルが半田付け
されています。




P1090070.jpg

プラス側です。




P1090072.jpg

バッテリーの型式です。

HC-4326型
二カド電池パック
定格電圧 DC 2.4V 
定格容量 1500mAh

と書かれています。



P1090074.jpg

ビニールパックを裂いて、中身のセルを
露出させたところです。
2つのセルがタブで連結されています。




P1090075.jpg


すべてのビニールパックを裂いて
全体を写したところです。

コネクタで前後をつないでループさせています。

すべて半田付けされているので、これらを
半田ごてで外し、新しいセルを同じように連結して
半田付けして元通りにしていきます。




P1090076.jpg


バッテリースペースさんから取り寄せた
バッテリーセルです。


1つ380円が4つ必要なので、

380 × 4 = 1,520 円

送料が600円なので、

1,520 + 600 = 2,120 円

かかりました。


もしハンディクリーナーを買いなおしたら、
3,000~4,000円台はかかるので、
2,000円でも、メカ系が元気なら
バッテリーを付け替えたほうが絶対お得です。




P1090077.jpg

いつもながら丁寧に梱包してくれています。




P1090078.jpg

新しいセルのマイナス側です。




P1090079.jpg

新しいセルのプラス側です。
赤い熱収縮チューブで保護されています。




P1090080.jpg


上図のような配置で付け替えていきます。




P1090088.jpg


バッテリーのタブについている赤い熱収縮チューブに
カッターナイフで切れ目を入れます。




P1090090.jpg


カッターナイフで入れた切れ目から熱収縮チューブを
めくってはがします。




P1090091.jpg


タブを上図のように折り曲げます。
ぐにゃりと曲げるように。




P1090092.jpg


もう一つバッテリーセルを同じようにタブを曲げて
作ります。バッテリーの電極は一つ目とは反対を
作るように。プラスとマイナスをつなぎますから。




P1090093.jpg


上図のように2つのバッテリーセルのタブを
合掌させるように貼り合わせます。




P1090094.jpg


導線を2、3センチくらいに切ったもののチューブを
カッターナイフで切れ目を入れて剥がします。
中の銅線だけ使用します。




P1090095.jpg


ちょうどバッテリーセルのタブの先に穴が開いているので、
2つ重ねたタブの穴に銅線を通します。




P1090097.jpg


銅線の端同士を巻きます。




P1090098.jpg


巻いた銅線を全体が団子状になるように
適当に折り曲げます。




P1090081.jpg


バッテリーのつなぎ直しには、半田ごてと
半田が必要になります。




P1090082.jpg


バッテリーセルの赤い熱収縮チューブを外して、
上図のようにタブを折り曲げて半田で連結します。




P1090083.jpg


タブに直接半田をつけるのはプロでも至難の業なので、
タブに導線を巻き付けて、半田を染み込ませるようにします。

そうすることで導線がほどけにくくなり、しっかりと
固定される上に、電気も確実に通るようになります。




P1090087.jpg


半田を染み込ませたところです。
しっかりくっついて引っ張っても外れません。




P1090100.jpg


同じ要領で、2組作ります。
あくまでも電極の向きを間違えないように。




P1090107.jpg


2組つくったバッテリーセルをつなぐ
ちょっと長めの銅線は、代用している銅線では
もともとの銅線に比べて細かったので、
電気の通り方的にちょっと不安だったので、
2本並列に使用することにしました。

これで太い銅線を使用したのと同じ事に
なります。




P1090108.jpg


銅線の両サイドをバッテリーセルのタブの穴に
通して、巻き付けます。




P1090109.jpg


半田を染み込ませます。




P1090110.jpg


もともとの古いバッテリーセルのタブの半田を
半田ごてで溶かしながら、ケーブルを取り外しました。


反対側のタブのつなぎ目には、もともと使用されていた
コネクタ付きのケーブルを再利用します。


上図は新しいバッテリーセルに再利用のケーブルを
繋ぎ終えたところです。




P1090112.jpg


作成したバッテリーセルを元のように
ハンディクリーナー本体にセットします。

けっこう中はキツキツなので、ケーブルが長すぎると
なかなか入りません。

ちなみに上図のようなままでは、ふたが閉まりません。

赤いケーブルが明らかに邪魔になります。

写真には撮っていませんが、ちょうど横倒しの
バッテリーセルの真下をみると、電池ボックスの底に
切り欠きになっているところがあって、
ちょうどケーブルがすっぽりはめ込めるようになって
います。

この切り欠きにケーブルを這わすようにしないと
まずふたが閉まらないと思います。

コネクタをはめるのを忘れないように。




P1090115.jpg


はい、きれいにふたが閉まっていますね。


もう一度確認ですが、コネクタははめましたか~?


右上のネジを締めれば完成です。




P1090116.jpg


バッテリースペースさんはバッテリーを充電した状態で
発送してくださるので、おそらくそのまま試運転できると
思います。

元気よく稼働するハンディクリーナーの音を聞くのは
感動ものですよ!!!



P1090117.jpg


充電ホルダーにセットすると、赤いランプが点灯したので、
正常に充電も開始されたようです。


あくまで充電式のハンディクリーナーなので、
使用できる時間は短いのは致し方ないところですが、
確実に10分以上は掃除ができるようになりました。


そして今までであれば、ハンディクリーナーを
充電ホルダーに差したら、数十分程度で赤いランプが
消えて充電完了になってしまっていましたが、
(充電が早いのではなくて、貯電容量が少なくなっているだけ)
新しいバッテリーセルに交換してからは、
充電完了になるのに、数時間かかるようになりました。

これは確実に貯電容量が大きくなった証拠ですね。


バッテリーが新品になったので当たり前のことですが、
ハイパワーである上に、10分以上は確実に使えるように
なりました。



機械的には何も支障がなかったのですから、
本当に当たり前なんですけどね。


バッテリーが弱ったというだけで、新しいハンディクリーナーに
買い替えたり、捨ててしまったりするのは
本当にもったいないですね。


このハンディクリーナーにはまだまだ
頑張ってもらいますよ!!!!


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓

人気ブログランキングへ


2014.02.05 / Top↑
我が家の主寝室の天井に取り付けていた
シーリングライトが壊れました。


いろいろと検討した結果、
LEDシーリングライトを購入することにしました。


主寝室に取り付けていた蛍光灯タイプの
シーリングライト。
結婚した時に購入したものです。

結婚して13年半の間、我が家を天井でずっと照らし続け、
見守ってくれていました。

今のマンションでは主寝室の電灯でしたが、
結婚して以降に渡り歩いた賃貸住居では、常に居間の
リビングに取り付けていたので、一番家族の成長を
知っているかもしれませんね。


今のマンションは入居した時に、前の住人が
電灯はすべて残して退去されていました。
LDKにはシーリングライトがリビングとダイニングに
それぞれつけられていて、全く同じタイプのものでした。

リビングに持ち込んだシーリングライトをつけたかった
のですが、リビングとダイニングでシーリングの
デザインが違うのもおかしいので、泣く泣く主寝室で
仕事をしてもらうことになったものでした。


ふいとした日に突然、点灯してもしばらくすると点滅しながら
消えてしまう。
新しい蛍光灯に交換しても現象は変わらず。

点灯しないものは仕方がないので、泣く泣く13年半の
役目を終えてもらうことに。

それでリビングのシーリングライトを主寝室に移設して、
リビングのシーリングライトを購入することになり、
どうせなら、リビングとダイニングのシーリングライトを
LEDシーリングライトに替えてしまおうという流れに
なりました。


その2につづく。





今回候補にあがったLEDシーリングライト1

今回候補にあがったLEDシーリングライト2


↓↓↓応援よろしくお願いします!!!↓↓↓

人気ブログランキングへ


2014.04.06 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。